不動産考察

Q.新築のワンルームマンションの購入はどうでしょうか?

A.やめておくべきです。

不動産投資をお考えの人にご忠告です。新築のワンルームマンションでは投資としてのうまみはありません。投資用のワンルームマンションは利回り(購入金額に対する年間賃料収入の割合)ですべて判断されることになります。もし売却の際にも利回りによって物件価格が決まってきます。

買った瞬間に損をします

新築マンションワンルームの利回りは約4%で売り出していることがほとんどです。それが一度誰かに貸し出され中古物件となった場合、利回りは6%くらいを設定しないと売れることはないでしょう。投資用マンションの場合、利回りが上がる=物件の価値が下がるという意味です。この場合4%から6%にしなくてはいけないということは、価格は3分の2に下がることを意味します。3000万円のワンルームの価値はすぐに2000万円になってしまいます。

新築ワンルームマンション買う人は節税対策として

新築ワンルームマンションを買う人のメリットはずばり節税です。ローンを利用して不動産所得を赤字にすることで、本業の所得税や住民税が軽減されるからです。ただし数年すると俗にいうデットクロスの時期がきてキャッシュフローがマイナスとなり、古くなればリフォーム費用な空室リスクなどさまざまな損失を被ります。

どうしても買うなら好立地の中古マンション

好立地の中古マンションでしたら空室リスクも少ないので検討できると思います。ただしあまり古い物件は借入期間が短くなったり管理費等が高くなるケースもありますし、そもそも空室リスクのない物件は所有者が手放す理由がありません。状況をよくご確認ください。

新築ワンルームマンションだけは絶対にオススメしません。

・新築ワンルームマンションは買った瞬間に損

・他に事業していてとても儲かっているなら節税手段として

・どうしてもの場合は好立地の中古のもの