不動産考察

Q.マンションと戸建て、どちらを購入したらいいでしょうか?

A.新築マンションの価格が高止まりしている以上、戸建ての選択がいいでしょう。

現在、新築マンションの価格は高止まりしていると言っていいでしょう。それはマンション用地のような事業用の土地や施工費が高騰しているからです。それに対して住宅地の土地や木造住宅の建築費はそれほど価格が上がっておりません。

戸建てが20年で価値がゼロになる時代は終わりです

以前は戸建ての建物価値はだいたい20年でゼロになると言われていました。ただし近年の技術の進歩によって建物の耐久性は著しく向上しております。現に中古戸建として取引されている物件の築年数を見ても、築20年前後の物件が多くみることができます。今後はますます築20年でもまだまだ住むことが出来る状態の物件が多くなると予想できます。すなわち、戸建ての建物価値は20年ではゼロにならない時代がきているということです。

もちろん銀行の担保評価としては設定されていますが、それが取引価格に直結しない、そのような状況がきています。実際多くのハウスメーカーでは建物の保証を30年や40年と設定するメーカーも多くあります。ですので、これから20年後に築20年の中古戸建を売却することに心配はありません。

立地こそ選ぶ条件の最も重要なことです

むしろ気にすべきは立地です。立地についてはいつの時代も、おそらくこれからも、人々が重要視する条件であり続けるはずです。立地のいい物件はもし売却をする際も、すぐに買い手が見つかります。駅からの距離もですが、都心エリアや埼玉・神奈川・千葉の人気エリアや沿線沿いは間違いがないです。

・現在はマンションが割高、戸建ては適正

・戸建ての価値が20年でゼロの時代は終わり

・立地で選んでおけば不動産を購入して困ることはない